私は若いころ、様々なスポーツをやっていた為、私は他の方より腰を鍛えているので強いはず、継続的に鍛えていれば腰痛なんて「自分には無関係だ」っと特に根拠もなく思っていました。

 

ですが、ふとある時を境に腰が痛みだし「きっとこれは運動のし過ぎに筋肉痛の様なものだろう」と考えていました。当初は湿布を等し場当たり的な対処を行っていましたが、

 

数か月経っても治らず、もしやと考え大きな整形外科に行った所、椎間板ヘルニアだという事が判明しました。

 

年を取って徐々に誰しもきずきますが、決して人は鍛えれば鍛えただけ体は強くなるわけではなく、使えば使うほど摩耗しているものです。

 

様々なリハビリ、クッション等買いましたが、人が一日のうち一番時間を使い、一番よく使う物は結局布団であると言う事を思い、様々なマットレスを試す事にしました。

 

その際、まず素人の私が思ったことは「腰に負担をかけない様やわらない低反発のマットレスがいいのでは」と何も考えずに購入した所、

 

次の日、起きる際に激痛がはしりました。

 

これはもしかして根本から考え方が違うのではときずき、調べたところ腰痛には高反発のマットレスがいいと言う事がわかりました。

 

腰痛になってよくわかる事ですが何もせず真っすぐにたっている分には腰が痛みません、人は立っているときの姿勢が最も負担がかからず自然な状態だからです、

 

ですので腰が沈んでしまう低反発は一見すると楽な態勢になっている様に思いますが、実際に失敗してよくわかりましたが不自然なほど体重の思い部分が沈んでしまいます。

 

その事から、高反発マットレスは「真っすぐ立っている態勢に近い形で寝る」事が出来ると言う事が実体験でわかりました。

 

その点でも重要な部分が、高反発マットレスの中でも特に体重を分散してくれるマットレスを探すと言う事です。

 

ただ、様々な商品を試して現在お気に入りのメーカーにたどり着きましたが。

 

その方の体重の重さ、筋肉のつき方によってまったく人によって違う為、中々自分に合っているマットレスに出会う事は難しいです。

 

結局、評判のいいマットレスの中で実際に買ってみて使用し判断するのが一番と言う事がわかりました。

 

年齢と共に体は変化していく為、現在、使用しているマットレスがBESTではないと私自身思っています。

 

常にBETTERな自分の体に合わせた商品を探していくことを今後も続けていこうと考えています。