シミ飲み薬 効果

シミ飲み薬の効果とは?

 

シミ飲み薬,効果

 

シミ飲み薬にはシミへの効果効能を厚生労働省に認められた有効成分が配合されていて、有効成分にはいくつか種類があるがL-システインやビタミンCを配合しているものが多いです。L-システインは、肌が紫外線等のダメージを受けた時に出されるメラニンを作る指令を阻害します。

 

メラニン生成工場である色素細胞に存在している酵素の活性化を抑制して、メラニンが過剰に生成されるのを防ぎます。ターンオーバーを促進して、メラニンの排出を促す働きがあります。

 

ビタミンCは抗酸化作用があり、黒色化したメラニンを還元して無色化したりメラニンの生成を抑える働きがあります。これらの有効成分の他に、エイジングケア効果のある成分がプラスされている飲み薬もあります。シミ飲み薬の効果を得るには、用法や容量を守る事です。

 

即効性を得るために過剰摂取をすると、副作用が出る場合があります。医療用医薬品を処方してもらっている時は、医師にどのような薬を服用しているか伝えて副作用について確認を行います。シミ飲み薬を飲んでいても、必ず効果があるわけではないです。

 

普段のケアを怠ると、シミが悪化する場合があります。紫外線対策やスキンケア対策を行う事も大切です。

唇のシミを消すシミ飲み薬

 

シミ飲み薬,効果

 

シミ飲み薬には、トラネキサム酸やビタミンCやL-システインが配合されているものを選んで飲むようにします。これは肝斑の時に有効で、肝斑は頬だけではなく口元にも出来やすいです。口元は他の部位に比べると出っ張っているため、紫外線の影響を受けやすいため肝斑が出来やすいです。

 

ただし肝斑は他のシミと混ざっている可能性があるため、診断自体が難しいです。トラネキサム酸は抗炎症や抗アレルギー効果や止血効果があり、アミノ酸の一種です。

 

肝斑は女性ホルモンの乱れによって、プラスミンという伝達物質が分泌されてメラニン生成を活性化させる一因と言われています。トラネキサム酸は、プラスミンの働きを抑える作用もあります。

 

ビタミンCは皮膚のコラーゲンやエラスチンやヒアルロン酸等の生成に関わる細胞をサポートして、肌の健康維持に欠かせないです。L-システインは体の内側から代謝を助けるアミノ酸の一種で、メラニン色素の生成を抑えて過剰に出来たメラニンを肌のターンオーバーにより皮膚の外に排出します。

 

肝斑以外に老人性色素斑や炎症後色素沈着が混ざっていても、これらのシミにも効果のある成分です。このため、唇に出来たシミを綺麗に消す事が出来ます。

顔のシミをシミ飲み薬で消すには

 

シミ飲み薬,効果

 

顔のシミの種類には、老人性色素斑や肝斑や炎症性色素沈着やそばかすがあります。老人性色素斑と肝斑と炎症性色素沈着には、シミ飲み薬の成分としてビタミンC誘導体が配合されているものを選びます。

 

ビタミンC誘導体には、メラニンの一部を淡色化する効果やメラニンを作る働きを抑制する作用があります。老人性色素斑には、水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体の効果を併せ持っているAPPSが効果的です。

 

APPSは、従来のビタミンC誘導体の100倍もの浸透力があります。肝斑にはハイドロキノンが配合されているものがおすすめで、ハイドロキノンは漂白成分であるため肌を白く出来ます。炎症性色素沈着には、ピーリングと併用してシミ飲み薬を飲むと効果が高まります。

 

そばかすもハイドロキノンが有効で、色素沈着にも効果が期待出来る成分です。そばかすは遺伝的な要素もあるため、一つの美白成分を使用するより様々な成分がバランス良く配合されているシミ飲み薬を選びます。

 

顔に出来たシミは血行を良くすると改善される事もあるため、漢方薬でもシミに効果はあります。シミの中でも特に肝斑は、桂枝茯苓丸という薬が効果があります。老人性色素斑は、漢方薬の効き目はないです。

産後のシミ取りは飲み薬でOK?その効果と注意点

 

シミ飲み薬,効果

 

妊娠中に出来てしまうお肌のシミは、女性の大きな悩み。その代表的な対策のひとつである、シミ取りの飲み薬について調べてみました。

 

・なぜ増える?妊娠中のシミの正体
シミの原因と言えば、紫外線を真っ先に思い浮かべる人が多いと思います。でも、妊娠中に増えるシミは「妊娠性肝斑」と呼ばれちょっと特殊です。元になるのがメラニン色素という点は同じですが、元を正せば妊娠で増えた女性ホルモンが、メラニン色素を作り出す「メラノサイト」を活性化してしまうのです。

 

他にも、心身へのストレスによる体調不良が引き金になっていると考えられています。シミの表れ方は個人差がありますが、大体2人に1人が悩んでいると言われています。

 

・産後に残ったシミはどうなる?放っておけば消えるの?
妊娠中に増えたシミは、ホルモンバランスの崩れが原因です。だから、産後に体が落ち着けば、自然に治ると思いたいですよね。ところが、妊娠性肝斑が出来ている間に紫外線を浴びてしまうと、シミが定着してしまう事があるんです。

 

妊娠と出産によって、女性の体は大きなダメージを受けます。産後も、赤ちゃんの世話で身も心もすり減らし、自分のお肌のケアなんて後回しになりがちです。その結果、時間が経っても消えないシミが残ってしまう事が多いんです。

 

・だから効く!シミ取り薬の仕組み
シミ取りには、美容皮膚科で特別な機材を使って治療する方法があります。でも、通院の手間がかかりますし、何より費用がかさんでしまいます。シミ取りの薬なら、自分でケアする事が出来ますし、費用も比較的抑える事が出来ます。

 

中でも飲み薬は、シミの原因そのものに働きかけるので、より効果が期待できるでしょう。シミ取り薬に含まれる、「トラネキサム酸」は、元々炎症を抑える成分ですが、メラノサイトの働きを抑える効果が確認されています。

 

また、メラニン色素が皮膚に沈着するのを防ぐ「ビタミンC誘導体」や「ビタミンE」、美白成分として話題の「L-システイン」なども含まれています。単なるシミ対策にとどまらず、美肌にも効果のある飲み薬タイプのシミ取り薬は、女性の強い味方です。

 

・飲み薬でシミ対策する時の注意点
シミ取りに限らず、妊娠中や産後にサプリや薬を摂る時は、お医者様に相談するのが絶対です。説明書には、妊娠中や授乳期の服用を勧める内容が書いてある事もあります。でも、体の状態は人それぞれで、特に妊娠中や産後の女性の体はとてもデリケートだからです。

 

例えお医者様から許可があっても、体調に変化があれば、すぐに服用を中断するべきです。正しい知識と行動で、「元気でキレイ」を目指しましょう。

ホワイトールの口コミまとめ※実際の効果はこんなだった!トップページへ目立つシミがコンプレックスの方、綺麗なすっぴん肌を目指したい方は、トップページでホワイトールの詳細をチェックしてみてください。