シミ取り錠 妊娠中

シミ取り錠を妊娠中に服用すると副作用や悪影響はある?

 

シミ取り錠,妊娠中

 

シミ取り錠は、服用することで体の中から肌のシミを消してくれる服用タイプの錠剤のことです。そんなシミ取り錠を妊娠中の女性が服用した場合、副作用や悪影響が出てしまうのでしょうか?

 

まずシミ取り錠に限らず服用する錠剤の中には、医薬品とサプリメントに分かれます。サプリメントは食品に分類される栄養素を補うものであるため、医薬品を服用されることが前提となります。

 

医薬品はその名の通り治療などを目的として処方されるものであるため、当然効果に見合った副作用が存在しています。では妊娠中の方がシミ取り錠を服用した場合、どのような副作用や影響が出てしまうのかというと、吐き気や下痢などのほか、胎児へのなんらかの影響が出ないとも限りません。

 

シミ取り錠は基本的に第3類医薬品と呼ばれる、副作用の影響が低い医薬品であることが多いのですが、その日の体調や体質などによっては大きな影響が出てしまうとも限りません。そのため医師などに相談をした上で服用をするように心がけましょう。

 

結論から言うと、影響が少なからず出てしまう可能性があります。特に妊娠中はホルモンバランスが崩れやすく、胎児だけでなく母体への影響も大きいものです。安易な服用はしないようにしましょう。

シミ取り錠の背中のシミへの効果とは?

 

シミ取り錠,妊娠中

 

背中のシミを消すにはシミ取り錠がおすすめで、全身に効くため背中だけではなく顔や手や足等背中以外のシミにも効果があります。しかも背中を含めた全身のシミを薄くするだけではなく、これから出来るシミの予備軍を表に出さないで予防も出来ます。

 

これはシミが出来始めてしまうメカニズムとして乱れやすい女性ホルモンが原因の一つで、シミ取り錠の成分によっては女性ホルモンを整えてくれる働きもあるため身体の調子が悪い人にもおすすめです。シミに効くシミ取り錠を飲む事で、シミを作る原因のメラニン色素の生成を抑える事が出来ます。

 

肌のターンオーバーが促進されて、シミの予備軍が表面化しない環境を作り上げます。背中のシミは黒ずんで、色素沈着になっている場合があります。セルフケアで効果が実感出来なかったり、早く改善させたい場合は皮膚科等の医療機関での治療を検討します。

 

医療機関での治療は、薬での治療と外科的治療に分けられます。トレチノインはビタミンAの誘導体で、ビタミンAに比べると50から100倍もの効果があります。ターンオーバーを促進して沈着しているメラニン色素を排出します。

 

ハイドロキノンは、単体では皮膚に浸透しにくいデメリットがあり皮膚科ではトレチノインと併用する事が多いです。併用する事で皮膚に浸透しやすくなり、メラニンを排出する効果が上がります。

シミ取り錠でシミは短期間で消せるのか?

 

シミ取り錠,妊娠中

 

シミを短期間で消すには、レーザー治療しかないです。シミは一部を除いては自然に薄くなるものであるが、薄くならないのはシミの塊が居座っているためです。レーザーはシミの塊を砕く効果があり、シミが細かくなると表皮のターンオーバーにより垢になって排出されます。

 

この効果はレーザーしかないため、短期間でシミ取りをするにはレーザー以外は考えられないです。レーザーのリスクは施術後の肌ケアで気を抜けない事で、レーザーを当てた皮膚は数か月に渡って施術前より紫外線に弱くなっています。

 

肌質によっては施術が粗いと、色素沈着を残してしまいます。レーザーでシミを取るのは最速であるが、何度か通院する必要がありアフターケアが欠かせないです。時間がかかってもレーザー以外を希望する場合は、シミ取り錠を飲みます。

 

成分には高濃度のビタミンCやハイドロキノンが配合されているものを選ぶ事で、美容外科等で処方されるものは高濃度です。シミ取り錠なら自宅で飲むだけで良いため、手軽にシミを消す事が出来ます。だが短期間でシミが消えるわけではないため、飲み続ける必要があります。

 

しかしレーザーのようにアフターケアは必要がないため、シミを急いで消す必要がなければシミ取り錠がおすすめです。

シミ取り錠は何歳から飲めるのか?

 

シミ取り錠,妊娠中

 

大人であれば何歳からでも飲めて、シミやシワ等に関係ない20代から飲んでも大丈夫です。実際20代から飲み始めている人は、沢山います。20代で全くシミに縁がない人であっても、既に隠れシミは発生しています。隠れジミは怖く、表面化されていないだけです。

 

しかし何歳からでも大丈夫と言っても一つ注意があり、シミ取り錠の対象年齢は15歳以上の成人とされています。小学生や中学生等の子供は飲んでは駄目で、子供と一緒に使う事は出来ないです。子供はそばかすが出来やすいが、15歳未満の子供は使用を控えます。

 

子供の場合は大人の肌とは異なり、シミを気にする程ではないため飲む必要はないです。肌の老化は年齢によるものよりも紫外線による影響が大きいとされていて、シミ取り錠を飲むのは何歳からでも有効です。シミやシワがあると、顔が老けて見えてしまう最大の原因になります。

 

あえて言うと早ければ早い方が良く、早くから対策を行う事で見た目年齢を若々しく保つ事が出来ます。アウトドアでの活動等で紫外線を浴びる機会が多い20から30代のうちから飲み始めるのは、予防効果を考えてもとても役立ちます。

 

反対に飲み始める年齢は明記されているが、上の年齢の制限はないです。

ホワイトールの口コミまとめ※実際の効果はこんなだった!トップページへ目立つシミがコンプレックスの方、綺麗なすっぴん肌を目指したい方は、トップページでホワイトールの詳細をチェックしてみてください。